かかりつけ医のメリット

18年06月20日 | | かかりつけ医のメリット はコメントを受け付けていません。

かかりつけ医は、ある程度長い期間自分を診察したり、治療したりしてくれている医師です。家族全員がお世話になっている事もありますが、個人の体質なども熟知しているので、少しの変化があった場合も、的確な診断ができます。

医者例えば熱が出たという時、考えられる原因はたくさんありますが、かかりつけ医から過去の症状なども把握しているので、大体の原因を素早く探る事ができます。患者に対する情報を多く持っているのもかかりつけ医のメリットです。これが飛び込みで行った病院だと、体質や症状などを細かく説明しないとわかってもらえませんし、持病などがある場合はすべて一から説明しなければいけないので、診断を下すまでに時間がかかります。

子供の場合は大人のようにうまく症状を説明できないので、情報量の違いは診断や治療にも関係してくるのです。患者の情報というのはとても重要ですから、やはりかかりつけ医がいるのといないのとでは、病気やケガをした時の気持ちも変わってきます。

かかりつけ医になるまでには、何度もその病院に通います。通っているうちに医師や看護師との信頼関係も築けますから、些細な事でも気兼ねなく相談できます。これが初めての病院だと、こんな事言ったら笑われるのではないか、こんな事くらいで病院に来るなと思われるのではと余計な事を考えてしまいます。それがない気楽さもかかりつけ医のメリットです。最後に病院の探し方について説明します。




Comments are closed